読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが本になる

日々の雑感、書評などを公開していきます。つまらない本などありません、つまらないと感じたならば、それは自分がその本の面白さを見つけられなかったのです。

AmazonEcsをRuby on Railsに組み込んだ

ふとミステリのデータベースサイトを作成しようと思い立ち、学生時代に研究で使用していたRuby on railsでアプリを作成しようと考えました。

 

以下のサイトを参考にとりあえずAmazonから書籍の画像とタイトルを取得することに成功しました。

 

qiita.com

 

私自身も工学部を出ただけのえせ理系であり、Qitaのような技術ブログに書かれたテキストは、基礎的な部分が省略されていることがほとんど。

そのため、ここでは、その省略されている部分と、私が詰まった部分を抽出して書いていきたいと思います。

 

まず、rails new によるプロジェクトの作成は良いでしょう。そのままターミナルに打ち込むだけ。

その後の、DBのバージョン変更ですが、これはプロジェクトのトップディレクトリにある、"Gemfile"を編集します。

その後、bundle installコマンドを入力。

 

  • routes.rb
  • プロジェクト名_controller.rb (books_controller.rb)

に関しては、作成されているはずなので、そのままコピペします。

  • プロジェクト名.rb (以下 book.rb)
  • search.html.erb
  • _book.list.html.erb
  • book_list.html.erb

こちらについては自動生成されないので、自分でファイルを作成します。

book.rbはmodelディレクトリに、~.html.erbはview内のプロジェクト名ディレクトリに作成。

 

続いて、amazonアソシエイトへの参加及びAPIアクセスキーの取得方法は参考サイトの通り。

 

ここで注意なのですが、この時点で、configディレクトリのapplication.rbに

require 'amazon/ecs'を入力します。

私はこれを入れることを失念していて、apiとの接続が出来ない旨のエラーを連発しました。

APIはなんでもそうですが、コンフィグファイルにrequireを書かないと動作しないのです。

後は参考サイトに従うだけです。

注意点としては、AmazonECSのシークレットキーはアクセスキーを生成した時にしか表示されないので、初期段階では作成されているアクセスキーだけでは、APIを使えないこと。

(注:参考サイトの作成時点では、アクセスキーに並んでシークレットキーが表示される仕様でした。)

 

出来上がった、書籍検索アプリはなんだか動作がもっさりしていますが、ググると対策が出ているようなのでこれから勉強します。

 

同じような部分で詰まっている方のお役に立てれば幸いです。

 

また、参考にさせていただいた記事の執筆者のtatsuki-m様。有力な情報を有り難うございました。

 

ところでこの記事に、エラーメッセージも付与できれば良かったのですが、メモを紛失。

こんなんだから似たようなエラーで躓くのですよねぇ。注意力という物を養いたいです。

 

 

参考書籍

 

たのしいRuby 第5版

たのしいRuby 第5版

 

 

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

 

 

参考サイト

qiita.com

qiita.com

openbook4.me

探偵が早すぎる~理想の探偵~

井上真偽が表題の小説を出版すると聞いたときから私の中に衝撃が走りました。

事件が起きる前に、事件を解決する、まさに完全無欠の名探偵では無いか。絶対発売日に買おうと、発売日を頭にインプットしてだらだらと過ごすこと約一ヶ月。その日はやってきました。

 

あらすじとしては、莫大な遺産を相続することとなった、主人公一華は、親族たちから汚い手口で命を狙われることになります。

この状況を解決するために、使用人の橋田は、あらゆる犯罪を未然に防ぐ探偵を招聘します。

 

まず、犯罪を未然に防ぐ探偵を使う理由がうまい。一華の状況では、犯罪が起こってしまってから解決したのでは何の意味も無い。

彼女自身が命を狙われているのだから当然です。殺されてから犯人を暴いても、遺族の慰めになるだけで、意味は無い。

 

そして、肝心の探偵です。

恐らく、ある程度犯罪が進行してから、そして、決定的なことが起こる前に事件を解決する探偵は、以前も存在したと思います。

しかし、この探偵は何もさせない。

犯人側が犯罪を”計画”した段階で全てのトリックを暴いてしまう。

しかもこの探偵、犯人側が使用するつもりだったトリックをそのまま返すのです。

取った異名が”トリック返し”。

本書を読めば分かりますが、犯人のミスは、ほんのわずかな綻び。普通に読んでいれば気がつかない部分から、探偵は完全な推理を行います。

 

久々に鳥肌の立つほどかっこいい推理を見ました。今回発売されたのは、上巻だけですが、下巻に向けてスピードアップしている展開なので、下巻も発売日に買うことになりそうです。

 

果たして一華は生き残れるのか、遺産の行く末は、そして探偵はどんな推理を繰り広げるのか。

エンタメとして最高品質の『探偵が早すぎる』、とてもわくわくさせてくれる作品なのでした。

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

 

 

 

ウイスキーとミステリ小説

私はウイスキーが好きです。

修士1年の頃に通い出した、高円寺のBarでその味を知って以来、自宅にも常にウイスキーを常備し、毎日寝酒として、そしてミステリーを読む肴として、常飲してまいりました。

 

ところでタイトルは失念しましたが、ある作家のミステリでは、探偵が頻繁にブランデーを飲んでいたことを覚えています。

ブランデーを飲むと頭が冴える、精神が落ち着く、といったことが書かれていたように思いますが、現実にはそんなことは無く、気分が高揚し、思考力が無くなるだけであります。

 

ともあれ、今回の記事はウイスキーの紹介です。

その思い出とは無関係に、なんだかウイスキーとミステリ小説というのは相性が良いように思います。

知的遊戯でもあるミステリーを酒に酔った状態で読むのは、なんだか間違いであるかのように思えますが、しかし、探偵のロジックや犯人の謀略を、普段より高揚した気分で読むのは、高級な遊びのように思えるのです。

例え住んでいるのが、六畳一間の狭い我が家でも、ウイスキーとチョコレート等の簡単なつまみ、手元にミステリーがあれば、高等遊民になった錯覚を覚えます。

 

ウイスキーで気分が高揚すると、論理的に穴があるロジックでも、なるほどそう来たか!と膝を打ってしまうゆるさ。

無茶な動機もトリックも全てが許せてしまう。それが、酔っ払いながらミステリーを読むことの醍醐味かもしれません。

 

ようやくですが、私の個人的な美味しいウイスキーの紹介です。

もしも、以下のウイスキーを飲んでミステリが楽しくなれば幸いですし、酔いつぶれてしまってもそれも一興。

 

ジェムソン 700ml

ジェムソン 700ml

 

まずは、アイリッシュウイスキーの名酒、ジェムソンです。

すっきりとした口当たりと、加水すれば香りもほとんど無くなり、ウイスキーの苦手な方でも楽しめるでしょう。

スーパーでも買えるほど有名なお酒なので、教養として知っておいても間違いありません。

 

続いてスコッチ。

これも有名ですね。ジェムソンほどすっきりとはしていませんが、ウイスキーらしい香りがして、雰囲気を楽しみたい人にはお勧めです。

一本1000円程度で買える、コスパの良さも素晴らしい。

注ぎ口がポーラーから変更されてしまったのは個人的に残念ですが、変わらない味には安心感を覚えます。

 

ウイスキーは飲まなくても、これだけは知っている方も多いはず。

世界で一番売れているウイスキーグレンフィディックです。

 洋なしの風味がするので、女性にも人気があるようです。普段は水割りで飲む、私ですが、このグレンフィディックだけは香りを楽しみたいので、ロックで飲みます。

若干お高めですが、ウイスキーの楽しさを知りたいなら買って損はありません。

ミステリーを楽しみながら飲むのにも、最も適していると言えるでしょう。

 

シングルモルトロールスロイスとして名高い、マッカランです。

茶の味がかすかにするのが特徴でしょうか。

この容量で、5000円ほどするので、滅多に買えませんが、値段相応の味と香りは保証します。

色が他のウイスキーに比べて、非常に濃い茶色をしているため、見た目でも違いが分かると思います。

特にマッカランは、チョコレートをつまみにすると、とても相性が良い。中々にオシャレなウイスキーです。

 

ある程度年齢の高い方には、懐かしいと思います。

サントリーのオールドです。昔はRedかオールドか、という選択肢しか無かったという噂も聞きますが、本当でしょうか。私は20代なので、そのあたりの事情は分かりませんが、その名の通り古いお酒のようです。

アルコールと言った感じの、きつめの味と香り。ほのかにバニラ風味です。このお酒をのみこなせば、年上の彼女とうまくいきそうです。

 

ピート(泥炭)が効いているという味の表現が、ウイスキーにはあります。

炭のようなにおいのすることを言うのですが、こちらのボウモアは非常にピートがきつい。このピートが好きな人と嫌いな人がいるのですが、私は個人的に苦手です。

それでもピートとは何か、を実践するためには有効な一本。お試しください。

 

村上春樹の著した名作、1Q84に登場する、あのカティサークです。

甘くて、さわやかな風味が特徴です。これをソーダ割りにして飲めば、暑い夏には最高なのです。

村上春樹の効果もあるかもしれませんが、ミステリを読むには最適であります。

瓶のデザインも風味も爽やか。おまけに値段も安い、素晴らしいお酒。

ただしあまりお店で見かけません。リカーショップに行かないと買えないかも。

 

サントリー ウイスキー 角瓶 700ml

サントリー ウイスキー 角瓶 700ml

 

見れば分かります。角です。深夜にウイスキーが無くなったら、コンビニに買いに行きましょう。

 

最後にこの一本。ジャパニーズウイスキーでございます。

日本人らしい、繊細な味わいが特徴。 個人的な見解ですが、梅のイメージのある味わいです。(梅の味はしないのですが)

こちらも炭酸割りにすると爽やかですよね。高級ですが、飲んでもそれほど酔っ払いません。翌日も爽やかな目覚めが味わえる気がします。

ミントの葉を入れると、爽やかさ三倍です。公式でも推奨している飲み方ですので、お試しあれ。

 

なんだか無限に紹介できてしまいそうですが、このあたりでストップしておきます。

ウイスキーはその製法や歴史まで、とても奥が深く、味わっても知っても楽しめるお酒であります。

ミステリー小説は、人生に彩りを与えてくれますが、ウイスキーもまた、面白いことがあるぞ、と教えてくれるようでありました。

色々と禁欲を強いてくる世の中になっていくようですが、節度を守って楽しみを増やしていきたい物です。

 

 

 

 

 

 

 

Testestoron~筋トレで人生に革命を~

私は今、本気で筋肉質な体・・・いわゆるマッチョになろうとしています。

 

そうです。今Twitterで話題沸騰のマッチョにして外資系社長、元総合格闘家トリリンガルというハイスペック男Testosteronの著書に影響されたのです。

 

 

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 

筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術

筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術

 

 

この本は筋トレの方法を教える本ではありません。

筋トレによって人生は変わるのである、ということを教えてくれる自己啓発本なのです。

 

著者いわく、人に裏切られても、仕事で失敗しても、変わらない物がある・・・それはダンベルの重さとお前の鍛え上げられた肉体である。

生きていればあらゆる物事は変化していって、なんだか掴み所が無くって、不安な気持ちになることもあります。

しかし、筋肉は違います。

今まで自分がトレーニングで積み上げてきた肉体は、決して裏切らないし変わらないのです。

 

この違いは、仕事は勿論、友人関係や恋人関係が、全て評価が他人に依存する事に対して、筋トレは(勉強も?)全て自分の頑張り次第で評価されることにあるでしょう。

仕事で疲れたときも、悩めるときも、それでもと立ち上がってトレーニングを行ってきた結果は、自分の肉体に必ずついてくるのであります。

それでも、もしかしたら、 どうしてもうまくいこともあるとは思います。

しかし、そのつらい部分を乗り越えて、努力していけば、必ず素晴らしい肉体は手に入れられる。

これこそが、成功体験となり、人生のあらゆる物事へ応用できるのです。

 

まさしく、筋トレこそが最強のソリューションであるという力強い言葉を、著者は書いているのです。

それでは嫌なことも不安なことも、プロテインと一緒に飲み込んで、今日も頑張っていきたいと思います。

 

グリザイアファントムトリガー~トーカが可愛い~

私はいわゆる美少女ゲーム・・・いわゆるギャルゲーという奴も好きなので、最近プレイしたギャルゲーをご紹介しようと思います。

 

frontwingが生み出した名作、グリザイアシリーズの正当な続編『グリザイアフォントムトリガー』です。

 

 

フルプライスでは無く、ちょこちょこと続刊形式で発売する事への意見はさておき、シナリオが藤崎竜太だけあって、かっこいい軍事知識やバイクのような乗り物知識、どこかとぼけた世の中の見方が満載なのです。

 

グリザイアの果実では、主人公である風見雄二が美浜学園に転校してくるシーンから始まりますが、本作では有坂秋桜里が教員として御浜学園に赴任してくるシーンから始まります。

前作と異なり、美浜学園防衛省の諜報員育成学校としてその体裁へ変化させていましたが、有坂は一般人です。

風見雄二のように特殊な訓練を受けているわけでは無い、まごうことなき一般教科の教員として赴任してくるのです。

しかし、有坂の生い立ちにも特殊な部分はあるため、美浜学園の特殊さにもすぐに適応していきます。

一巻では有坂の視点で、学園の特殊さを描いてくのが主なストーリーになります。

グリザイアでいう、日常パートが主となります。

 

続いて2巻では、学生にして指導員としての資格を持つ、蒼井ハルトの視点で物語は進みます。

2巻からはグリザイアらしい バトルシーン、情報戦が描かれ、更にはヒロインの1人であるレナの過去も描かれます。

グリザイアの果実ではヒロインのトラウマを解消して惚れさせる。というギャルゲーらしい展開が見られましたが、本作ではそういったシーンはありません。ヒロイン達が諜報員としての訓練を受けているだけ合って、彼女たちが戦う場面が多かったように思います。

主人公がイケメン、中2病的強さを持つという作品は数多いですが、ヒロインたちが超人設定というのはめずらしい気がしますね。

 

さて・・・実はこの作品、ギャルゲーに分類こそされ、萌シーンは少ないです。ていうか無いです。立ち絵や一枚絵は可愛いですけど、男に媚び媚びなシーンが無い。

萌えじゃなくて燃えで勝負するぜ、という藤崎氏の意気込みが感じられます。

 

そうは言っても私もギャルゲーオタク(アニオタでもある)です。当然のように嫁を見つけ、既に夢の中でいちゃつくというステップまで踏みました。

そうです、表題の通り、佐倉綾音演じる 獅子ヶ谷桐花ちゃんです。

 

f:id:sikimura686:20170515191228p:plain

獅子ヶ谷桐花

 

トーカちゃんはあやねるの媚びた声、ロリロリな容姿をしていながら、可愛いと言われることを嫌います。

スリーサイズも公式情報では74-56-79というデレステのアイドルばりのプロポーション

性格は典型的ツンデレというオタクに愛されるために生まれてきたような女の子です。

 

トーカは作中では狙撃手(雄二と同じですね)ですので、直接的な格闘シーンはまだ描かれていませんが、公式設定を見る限り格闘術にも通じているようです。(殴ってくれ)

よく見ると片足だけ縞々のハイソックスを履いているのも、どこかギャルっぽくてオタク達の琴線に触れます。

 

僕はアイコンの通り、ココアちゃんを永久嫁(生涯の嫁)に設定しているので、この子の声優をあやねるがすると聞いて購入を決定してしまったのですが、その感覚は嘘をつかなかったようです。

あやうく永久嫁を乗り換えそうになりました。ファントムトリガーにおいて、それくらいこの子は存在感があります。

 

なんだかトーカの宣伝みたいになってしまいましたが、そのトーカが活躍する『グリザイアフォントムトリガー vol3』は夏頃に発売するみたいです。

毎年、好きな小説やギャルゲーを生きる目標にして生きてきましたが、今年はトーカに会える夏を楽しみに生きていこうと思います。

 

というわけで藤崎先生、トーカの可愛いシーンをたくさんお願いします。

 

 

さくらのインターネットでMastodonのインスタンスを立てた

さくらのインターネットのクラウドサービスを使ってMastodonインスタンスを立ち上げました。

mystery-kawa.net

下記URLに従って操作したにもかかわらず、浅学が原因でいくつかハマったポイントがあったのでメモしておきます。

knowledge.sakura.ad.jp

DNSレコード登録後にサーバを再構成するとIPの相違が発生する

[状況]

さくらのインターネットサービスにて、DNSを設計後、サーバの設定にミスがあったので、サーバを再構成しました。

結果的にドメインにアクセスすると、以下のエラーが表示されます。

 

mystery-kawa.net からの応答時間が長すぎます。

 

サポートセンタに問い合わせると、DNSの設定後にサーバを再設定すると、DNSレコードとサーバとの間でIPアドレスの相違が発生し、結果的にアクセスが不可能になるとのことです。

 

[対処]

DNSレコードの削除後にサーバを再構成します。

ここで注意として、DNSではなく、DNS”レコード”を削除する。ということ。

私はDNSをまるごと削除し、結果的に以下のエラーが表示されてDNSの作成自体が不可能になりました。

 

不適切な要求です。パラメータの指定誤り、入力規則違反です。入力内容をご確認ください。 上位DNSサーバにて既に委譲設定がなされているため、指定されたゾーン名は登録できません. 詳しくは弊社サポートへお問い合わせください

 

このエラーが発生した場合は以下のURLに従って、ドメインのネームサーバをデフォルトに戻し、再度取得したドメインにネームサーバを指定します。


▼さくらで取得したドメインのネームサーバ情報を変更
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/206205831

 

[うまくいくと?]

https://ドメイン にアクセスすることで、Mastodonの登録画面に遷移します。

後はゼロから始める~に従って、自分を特権ユーザに昇格させれば成功です。

 

[ちなみに]

DNSレコードの生成や上位DNSの権限委譲、サーバの構築には結構時間がかかります。

画面上で「作成されました」と出てから30分は開けて、ドメインにアクセスするとあせらなくてもすみますよ。

 

同じようなエラーに悩まされている方のお役に立てれば幸いです。

すべてがFになる~犀川創平は天才なのか~

本日は私が最も敬愛する作家、森博嗣先生のデビュー作『すべてがFになる』のご紹介です。

 

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER S&M

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER S&M

 

 

一言で言ってしまえば、孤島で密室殺人事件が起こる、というミステリーとしてはオーソドックスな設定です。

森博嗣の本当の処女作は『冷たい密室と博士たち』でしたが、担当編集氏の鶴の一声で本作がデビュー作として出版されたのは有名な話。

 

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

 

 

さてさて、『すべてがFになる』に戻りましょう。

ある日、N大学の学生、西之園萌絵は、絶海の孤島妃真加島で、天才プログラマ真賀田四季との面会に挑みます。

面会後、N大の教員犀川創平に面会の話をすると、犀川は「自分も真賀田四季に会いたい」と言うのでした。

大好きな犀川のそんな言葉に、萌絵は「今年のゼミ合宿は妃真加島に行きましょう」と提案します。

そして、妃真加島でのゼミ合宿中、真賀田研究所を2人は訪れます。

しかし、鉄壁のセキュリティで守られているはずの真賀田博士のラボからは花嫁衣装を着た遺体が出現したのでした。

 

私がこの作品を読んだのは、今から10年前。16歳の夏でした。当時小説なんて読んだことの無い私が、何気なく文庫本のコーナを見ていると、この『すべてがFになる』という衝撃的なタイトルが目に飛び込んできたのです。

自分でも驚くくらい、自然にこの小説を購入した私は、ミステリーというものの面白さの沼にはまっていくことになります。

 

当時の私にとって、ミステリーといえば、『家政婦は見た』。密室と言えば「実は秘密の経路があったのだ!」という程度のもの。

くだらない分野だと思っていました。

しかしその世間知らずは、この作品を端緒にして一気に消えていくのです。

 

ラボは24時間監視カメラで監視、カメラのログは完全に残っている、内部から鍵を開けることは出来ない、室内に人が出入り出来る経路は無い、自殺しか考えられないが、しかし遺体は両腕を切断されている。

これだけの不可能状況を作り出し、どのようにして密室をクリアするのか。

このトリック、当時はアンフェアだ。とか、○○の知識を自慢しているだけ。という批判も噴出したようですが、私が読んだときには時代が追いついたのか、簡単こそしても違和感を抱くトリックではありませんでした。

 

このトリックを編み出した犯人は天才ですが、それを見破った犀川創平は天才なのでしょうか?

もしも天才がある一方向に突出した人間である、というのなら彼は間違いなく天才です。

しかし、本作では天才、真賀田四季はあらゆる分野における天才として描かれているため、犀川創平のその天才が埋もれてしまっているのです。

 

森シリーズを通して染みついてしまう考え方として「でも真賀田四季の方が

すごくない?」という身も蓋もないイメージなのです。

ここまで勝てる気のしないキャラクターを一作目で登場させてしまう、森博嗣の才能には失禁してしまうのであります。

 

天才というのは私みたいな凡人からすると手の届かない人々に見えますが、彼らの中にもまた、才能という序列が存在するのです。

真賀田四季を見て、どこか孤独に見えるときもありますが、彼女は大衆が思うように孤独でも無く、そしてその才能は大衆の想像よりも偉大なのでした。

そんなことを思わせてくれるほどのパワーを持ったキャラクターを創造した森博嗣に格別の感謝を捧げます。