すべてが本になる

日々の雑感、書評などを公開していきます。つまらない本などありません、つまらないと感じたならば、それは自分がその本の面白さを見つけられなかったのです。

グリザイアファントムトリガー~トーカが可愛い~

私はいわゆる美少女ゲーム・・・いわゆるギャルゲーという奴も好きなので、最近プレイしたギャルゲーをご紹介しようと思います。

 

frontwingが生み出した名作、グリザイアシリーズの正当な続編『グリザイアフォントムトリガー』です。

 

 

フルプライスでは無く、ちょこちょこと続刊形式で発売する事への意見はさておき、シナリオが藤崎竜太だけあって、かっこいい軍事知識やバイクのような乗り物知識、どこかとぼけた世の中の見方が満載なのです。

 

グリザイアの果実では、主人公である風見雄二が美浜学園に転校してくるシーンから始まりますが、本作では有坂秋桜里が教員として御浜学園に赴任してくるシーンから始まります。

前作と異なり、美浜学園防衛省の諜報員育成学校としてその体裁へ変化させていましたが、有坂は一般人です。

風見雄二のように特殊な訓練を受けているわけでは無い、まごうことなき一般教科の教員として赴任してくるのです。

しかし、有坂の生い立ちにも特殊な部分はあるため、美浜学園の特殊さにもすぐに適応していきます。

一巻では有坂の視点で、学園の特殊さを描いてくのが主なストーリーになります。

グリザイアでいう、日常パートが主となります。

 

続いて2巻では、学生にして指導員としての資格を持つ、蒼井ハルトの視点で物語は進みます。

2巻からはグリザイアらしい バトルシーン、情報戦が描かれ、更にはヒロインの1人であるレナの過去も描かれます。

グリザイアの果実ではヒロインのトラウマを解消して惚れさせる。というギャルゲーらしい展開が見られましたが、本作ではそういったシーンはありません。ヒロイン達が諜報員としての訓練を受けているだけ合って、彼女たちが戦う場面が多かったように思います。

主人公がイケメン、中2病的強さを持つという作品は数多いですが、ヒロインたちが超人設定というのはめずらしい気がしますね。

 

さて・・・実はこの作品、ギャルゲーに分類こそされ、萌シーンは少ないです。ていうか無いです。立ち絵や一枚絵は可愛いですけど、男に媚び媚びなシーンが無い。

萌えじゃなくて燃えで勝負するぜ、という藤崎氏の意気込みが感じられます。

 

そうは言っても私もギャルゲーオタク(アニオタでもある)です。当然のように嫁を見つけ、既に夢の中でいちゃつくというステップまで踏みました。

そうです、表題の通り、佐倉綾音演じる 獅子ヶ谷桐花ちゃんです。

 

f:id:sikimura686:20170515191228p:plain

獅子ヶ谷桐花

 

トーカちゃんはあやねるの媚びた声、ロリロリな容姿をしていながら、可愛いと言われることを嫌います。

スリーサイズも公式情報では74-56-79というデレステのアイドルばりのプロポーション

性格は典型的ツンデレというオタクに愛されるために生まれてきたような女の子です。

 

トーカは作中では狙撃手(雄二と同じですね)ですので、直接的な格闘シーンはまだ描かれていませんが、公式設定を見る限り格闘術にも通じているようです。(殴ってくれ)

よく見ると片足だけ縞々のハイソックスを履いているのも、どこかギャルっぽくてオタク達の琴線に触れます。

 

僕はアイコンの通り、ココアちゃんを永久嫁(生涯の嫁)に設定しているので、この子の声優をあやねるがすると聞いて購入を決定してしまったのですが、その感覚は嘘をつかなかったようです。

あやうく永久嫁を乗り換えそうになりました。ファントムトリガーにおいて、それくらいこの子は存在感があります。

 

なんだかトーカの宣伝みたいになってしまいましたが、そのトーカが活躍する『グリザイアフォントムトリガー vol3』は夏頃に発売するみたいです。

毎年、好きな小説やギャルゲーを生きる目標にして生きてきましたが、今年はトーカに会える夏を楽しみに生きていこうと思います。

 

というわけで藤崎先生、トーカの可愛いシーンをたくさんお願いします。